高田左官

高田左官

昭和初期の代表的流行建材である。

スクラッチタイルがはめ込まれた擬洋風建築。

正面を飾るメダリオンの鏝(コテ)絵は、当時県内でも有数の装飾技術を持っていた「高田鶴一郎」の作。

1932年(昭和7年)建築。

コテ1本で作り上げたメダリオンの細部をぜひご覧あれ!

2017年2月12日 高田左官

関連記事

みなっと情報を検索