二宮 忠八(1866?1936)

二宮 忠八(1866?1936)

八幡浜市矢野町生まれ。我が国初の飛行機発明者で、日本航空界の先駆者である。

ライト兄弟の有人飛行実験成功の12年前、1891年4月29日に日本で初めてゴムを動力とした「烏型模型飛行器」の飛翔実験に成功。航空殉難者の霊を祀る航空関係神社「飛行神社」を建設したことでも有名。

市内には「忠八ゆかりの地」が残っており、また飛翔実験に成功した4月29日には「二宮忠八翁飛行記念大会」が開催されるほか、二宮忠八翁誕生150周年を記念して八幡浜市民ミュージカル「二宮忠八物語?世界に誇る愛媛の偉人?」が2016年に行われた。

http://www.city.yawatahama.ehime.jp/docs/2014082600018/

忠八飛行機GW

2017年2月8日 二宮 忠八

みなっと情報を検索