前田山生誕之地(横綱前田山記念公園)

前田山生誕之地(横綱前田山記念公園)

大正3年(1914)5月4日西宇和郡喜須来村(現八幡浜市保内町)生まれ。本名は萩森金松。
昭和3年14歳の時大相撲高砂部屋に入門。
昭和8年12月新十両を前に右腕骨髄炎にかかり、再起不能とされた時奇跡的に回復。
昭和11年十両同12年春場所入幕。異例のスピード出世で同13年大関に昇進する。
同19年秋場所初優勝。同22年夏場所後、戦後最初の横綱となった。

 

みなっと情報を検索