旧宇都宮壯十郎邸

旧宇都宮壯十郎邸

屋根は曲線を描き、棟瓦には分銅マーク。

また、玄関入口にある持送り(庇や出格子窓などを支える部分)などに細工を凝らした和洋折衷の建物です。

建築には3年を要し、1901(明治34)年に完成したと伝えられています。

2013年8月9日 旧宇都宮壮十郎邸

みなっと情報を検索