愛媛県最初の銀行「第二十九国立銀行」

愛媛県最初の銀行「第二十九国立銀行」

海運、鉱業、木蝋などで活況を呈し豊かな土地であったここ川之石浦に、明治11年3月15日に潤業社がもとになり創業した「第二十九国立銀行」は全国で二十九番目、四国で二番目の国立銀行で、愛媛県では最初の銀行であり、この地が「愛媛県の銀行発祥の地」となっている。

http://www.iyobank.co.jp/about_iyo/kigyoudata/enkaku_ayumi/m11_01.html